10
ダイワハウス

xevo03

Point 1

どれくらい音を出しても平気なの?防音室体験

ピアノの練習や、バンドの練習など、音を出して練習したいのに近所迷惑になるから、と遠慮しがちです。この展示場には、大音量の演奏がドアを閉めたらどれくらいの音量になるのか体感できる防音室があります。
音楽が大好きな家族や映画館にいる臨場感を味わいたい人たちにとっては、一番欲しい部屋ですね。防音室はユニットタイプのものが多いようですがここは違います。音がきれいに反響するようにと研究開発されたようです。
気になる方は、WEBで「奏でる家」の防音を検索し、その部屋ができるまでのストーリー動画を見てから体感したら、より一層感動すると思います。

Point 2

ダイワハウスの技術が詰まった素材の数々と設備

こちらは賃貸付住宅のため、賃貸部分と住居部分があり、とても大きく作られています。エレベータまで付いているので、祖父母と同居でエレベーターがあったら便利!と考える人は、一度体験するといいでしょう。
3階建てのため2階部分のリビングダイニングは、想像をはるかに超える広さです。そして絶対に見て欲しいポイントとして隠し扉がついていました。これを見ただけでも家のプランづくりを早く始めたい気持ちになります。
また1階、2階、3階とも大理石調の床やモダンなタイル調パネル、アイアンなど、使用されている素材が違うため、いろいろな素材が見られる展示場になっています。
デザイン性を高く求める人たちには、とても参考になるはずです。

Point 3

土間とおもてなしが伝わる空間

エントランスを入るとすぐに、広い土間空間があります。そこは、掘りごたつもついた和室でした。
その空間の天井には板が貼られ、洋風の外観なのにどこか「粋」を感じる和風モダンが取り入れられています。小さい窓から見える景色は、海外からの客人ならとても喜びそうな風景です。
家の中に上り込むことがなく、こんな空間でお客様を出迎えられたらいいな、と日本人のおもてなしスタイルが間取りから感じられることでしょう。
リアルサイズではありませんが、ダイワハウスのおもてなしスタイル、プランの参考にしてみてください。