7
積水ハウス

イズ・ロイエ

Point 1

暮らしの幅を広げる「ファミリースイート」

こちらは1月にオープンしたばかりの最新展示場です。なんといってもまず注目すべきは圧巻の大空間LDK。40帖越えの広さで、柱や仕切りがなくオープンな空間は誰もが驚くはずです。
これだけの広さを自由にプランニングできるのは、積水ハウスの構造だからこそ。さらにリビングのコーナーまで続く連続した窓が、開放感をより感じさせてくれます。これだけ広くとれる窓も、進化した強靭な構造を可能にした最新のテクノロジーがあるからこそ実現できているのだそうです!
家族とのつながりを感じられる「ファミリースイート」という大空間をぜひ体感してみてください。

Point 2

それぞれの時間を楽しめるもう1つのリビング

階段に設けられたステージリビング、2階にもセカンドリビングと、こちらの展示場には、家族が思い思いの時間を過ごせるスペースが充実しています。
勉強や趣味など、自分のことに没頭する時間でありながらも、家族の気配や存在を感じられるのが魅力。もちろん、それぞれの部屋で過ごす時間もありますが、こういった共有スペースがあると自然と家族が集まり、みんなで過ごす時間も増えそうです。「こんな使い方があるんだ!」と参考になるはず!
ぜひ、プランづくりの参考にしてみてください。

Point 3

外観の高級感は壁で決まる!

建物の外壁は色や模様などデザインを気にする程度で、あまり深く考えないという方も多いはず。しかし、建物の部材で重要なのはこの「外壁」だそうです。
積水ハウスの「ダインコンクリート」は、デザイン性が高く、自然な凹凸がどこか温もりを感じるタイプのコンクリート壁です。日本の風土にあった性能を持ち、耐久性やメンテナンス性にも優れた独自の技術でつくられていて、さらにその厚みは60mmもあります。外壁のデザインや厚みがあるだけで、外観の印象は全然違ってきます。
積水ハウスの家に感じられる高級感・重厚感を、実際に見て、触って実感してください。